お風呂 リラクゼーション

リラクゼーション目的でお風呂に入るときには

リラクゼーション目的でお風呂に入るときには

お風呂に入る目的は様々ですが清潔になるだけではありません。

 

お風呂に入るとリラックスできると思いませんか?1日仕事や学校で疲れた体を癒してくれるのもこの時間だという人も多いでしょう。

 

くつろぎの効果を上げる入浴法を紹介します。

 

 

 

1日の疲れを取るなら

 

入浴方法はお湯の温度も関係しています。

 

1日の疲れをしっかりと癒して撮りたいと思っているのなら、温度は38度から40度程度が良いと言われているのです。

 

これくらいのお湯で全身浴か半身浴か迷うかと思いますが、くつろぎには半身浴です。

 

半身浴はお湯を少し減らすことで、みぞおちから下だけお湯につかります。

 

全身浴と比較すると心臓への負担が少ないですので、疲れを癒してくれる入浴方法と言われています。

 

また全身浴をするよりも、体の芯からポカポカと温めてくれる効果もあることでも知られています。

 

 

 

お湯の温度は意外と重要

 

お湯の温度は意外と重要でそれによって全身浴、半身浴を使い分けていたとしても効果が現れないこともあるのです。

 

お湯の温度によって私たちのホルモン、自律神経は変わり交感神経が優位になるのは高めのお湯、副交感神経が優位になるのはぬるめのお湯ですのでで、リラックスしたいと思ったらぬるめのお湯につかるのが良いと言われています。

 

42度以上のお湯は浸かったときには心地よさや気持ちよさを実感するかもしれませんが、実際体は負担がかかっています。

 

これでは交感神経が優位になってしまうのです。

 

そうではなくて、38度から40度程度のお湯に入っていればリラックスすることができますので、副交感神経が優位になります。

 

リラックスしている状態にしたいと思っている場合にはぬるめのお湯に入ることをおすすめします。

 

入ってからすぐに眠りにつきたい人は

 

入ってから、体が温かいうちに眠りにつきたいと思っている人もいるでしょう。

 

入ってからすぐに寝たいと思っているならなおさらぬるめのお湯がいいでしょう。

 

熱いお湯に入ってしまうと体の中で交感神経が優位になっているので、活動する気マンマンの状態になっていますから、なかなか寝付けないのです。

 

ぬるいお湯に浸かっていたほうが副交感神経が優位になっていますので、心身ともにリラックスした状態でそのまま眠りにつくことができるでしょう。

 

入浴の仕方次第で、実は眠りの質も変えることができます。

 

ぬるいお湯で体全身がリラックスできれば、その後すぐに寝付くこともできますし、良い眠りを続けることが出来るでしょう。

 

しかし熱いお湯に入ってそのまま興奮状態で布団に入ればなかなか寝付けなかったりもしますのでそれでは良い眠りにはつながりません。

 

意外と睡眠と入浴の関係は奥が深いですので、良い眠りが出来るようにするためにも正しい温度での入浴が必要です。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ